水素水を飲むときは容器1つ分を素早く飲み切ることがポイント

水素水を飲むときは容器1つ分を素早く飲み切ることがポイント

優れた抗酸化作用により、高いアンチエイジング効果があると言われている水素水。しかし、一部では「市販されている水素水には効果がない」という噂も流れてます。そのような噂の存在が理由で水素水の購入に二の足を踏んでいる方も少なくないのではないでしょうか。
水素には抗酸化作用があることは科学的に証明されていることであり、真実です。では、なぜ市販されている水素水に効果がないと言われているかというと、市販されている水素水に本当に水素が含まれているかわからないのでないか、という疑問を持っている方がたくさんいるからです。水素は非常に小さな原子であるため、水を通さないペットボトルであっても簡単にすり抜けてしまいます。ガスが充填された風船がきちんと口を密閉していてもいつの間にかしぼんでしまっているのと同じ原理です。

 

確かに、ただのペットボトルを使用しているようだと、製造時は水素を含んだ水であっても手元に届き飲むころには水素が抜けただの水になってしまいます。

 

しかし、水素水の製造メーカーもその点は十分理解しており、水素を通さない容器を開発していますので、きちんとした製品であれば手元に届き飲むまで水素はきちんと残っています。水素水の容器にはペットボトル・アルミ缶・アルミパウチの3種類がありますが、この3つでもっとも水素水を逃しにくいのはアルミパウチです。ペットボトルは水素が逃げやすいのでペットボトルで販売している製品は選ばないほうが良いでしょう。また、水素水を容器に入れた後に真空処理をしているかも、重要なポイントとなります。
このように、重要なのは容器の素材や仕様を公開している、信頼性の高い水素水のメーカーを選ぶことです。きちんとした製品であれば、水素水による抗酸化作用の効果を体験することができます。

 

なお、水素を通さない容器に入れられた製品であっても、一度開封すると容器の中に空気が入ってしまうため水素は抜けていってしまいます。水素水を飲むときは容器1つ分を素早く飲み切ることがポイントです。